ここでは,民法上の相続放棄についてまとめました。

 

1.どういう場合に放棄したらいいのか。

被相続人に負債が多く,相続しても支払えない。

ときは絶対に考えた方がいいです。

また,債権者の数も額もなかなか把握できない。

ときは,限定承認でもいいですが,限定承認だと,手間もかかり,また相続人全員でする

必要があるため簡単にできる相続放棄を勧めます。

プラスの財産が残るのは確実だが,何らかの原因で相続したくない。

場合は,相続放棄でも,相続分ゼロの相続協議をしてもいいです。

 

2.期間

相続が始まってから三ヶ月。

お葬式前後は何かと忙しくあっという間にすぎてしまいます。

 

3.どこに申し立てるか

近くの家庭裁判所ではなく,被相続人の最後の住所地の管轄する

家庭裁判所。だいたい,地方裁判所支部と一緒の建物です。

 

4.してはいけないこと

遺産を売却したり,現金・預金を自分のために一部でも使ってしまうとその瞬間「単純承認」

といって,相続放棄はできなくなります。

 

5.相続放棄をすると

はじめから相続人でないことになります。一人っ子の場合,被相続人の親や親がいなければ

被相続人の兄弟が相続人となることがあります。それらの人たちに憎まれたくなければ

知らせるのがマナーです。

またあなたにお子さんがいても,お子さんは相続人とはなりません。

 

6.費用

弁護士などに委任しなければきわめて安い。

(家事の法律がかわったので家庭裁判所におたずねください)