1点入ってなお1アウト1・3塁で初球の低め引っかけてゲッツーってそれは無いよ福留はん…試合を決める3ランなんか夢のまた夢、せめて外野フライは打ってこその元大リーガーじゃ無いんすか!!


それにしても岩田はナイスピッチングでしたね。140半ばの力ある直球もコーナーに決まり、130後半の2シームに決め玉フォークとピンチは招きましたが、相性の良いドラゴンズというのもあったのでしょう、昨年までの毎打者フルカウントのリズム悪い投球が一変した好投でした。


対する雄太、ドラゴンズのエース左腕大野雄大かと思ってたのですが、大に点が入ってる別人でしたね。確か何年か前に開幕11連勝なんて記録作ってたと思います。そういえば「ゆうだい」は「you die」だから英語圏内の人には嫌な顔をされるとかされないとか…いや話がそれましたね、雄太は7回1失点というほど良かったと言うよりは阪神が悪かったような投球だったと思います。とにかくようやく掴んだチャンスに良太が根性のタイムリー、さらに試合を決定づける、好投の岩田に勝ちをつけるのを決定づけるチャンスにあのカッパ野郎…


試合は勝利の方程式福原が2アウトを取り、このまま3アウトと思った初球アウトコースのストレートをルナに狙い打ちの同点ホームランをくらってしまいました。三者三振に打ちとった又吉のピッチングが産んだホームランかに思えましたが、その又吉も9回に入って急に不安定になります。ビハインドで伸び伸び投げれたのが同点となり急に責任やら色気が出だすという微妙な投手心理が垣間見えましたが、連続四死球で1アウトフルベースとなった所で再び又吉が開き直って良太を三振。右サイドスローは右打者は打ちづらいので仕方ないことは無いけど仕方ないことにして、さあ次は左打者ですよ。しかも2ボールとなって、もしかしてグランドスラム…なんて思ってたら甘めストレートを見逃した上で低めシュートを引っかけてのセカンドゴロってもうね…


まぁこうなれば、こうなりますよね~って試合展開で安藤も加藤も大和も責められません。しかしカッパ!てめえは許さねぇ…(笑)